葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  香典返し >  香典返し

スポンサードリンク

香典返し

一般に「香典は半返し」といって、香典の半分を返すのが習わしとなっていますが、一家の大黒柱である主人が亡くなった場合は、3分の1返しでもよいとされています。

香典返しは、仏式では四十九日、あるいは三十五日の法要までに済ませるのが普通です。神式では三十日祭か五十日祭の忌明けの日とします。とはいえ最近では、葬儀式の当日に香典返しの品物を一律に弔問者に渡すところもあります。そんな場合でも「何という非常識な、マナー知らず」と憤慨せず、ビジネスマナーの基本である相手への心遣いや、地域性と諸々の事情によるものだと大きく許容するくらいでいましょう。

それはさておき、香典返しは忌明けの後に、香典の額に応じて三ランクくらいに分けてお返しをします。その品物としては、お茶、調味料、シーツ、タオルケット、毛布などが一般的です。

今ではデパートの贈答品売り場などで、予算に応じて諸々の対応をしてくれます。つまり、品物の選定をはじめ、葬儀の際の香典や供物に対するお礼、納骨や四十九日の法要を済ませたこと等を記した挨拶状の同封と品物の発送まですべてやってくれます。

また、会社の部課や同僚の連名でいただいた香典に対するお返しは、お茶やお菓子など全員に行き渡るものを選ぶといいでしょう。

スポンサードリンク

前のページ【相互リンク集】    次のページ【訃報に接して、まずすべきこと

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  香典返し >  香典返し