葬儀・葬式のマナーTOP >  相続税について >  相続税申告に必要な書類 >  相続税の申告

スポンサードリンク

相続税の申告

相続税の申告は10ヶ月以内に

相続税の申告や納付は、相続開始を知った日(通常は死亡日)の翌日から10ヶ月以内に、被相続人が死亡した住所地の所轄税務署に申告書を提出して納付しなければなりません。

その期間内に遺産分割協議が完了していれば、それに従ってそれぞれの取得分について相続税を申告します。

完了していない場合は、申告書提出期限までに未分割のまま民法上の法定相続分に従って仮に分割したものと考えて計算し、申告書を提出して納税しておくことです。

相続税の申告は、税務署に備えてある相続税の申告書に記載し提出します。未分割の場合は、配偶者の税額軽減と小規模宅地の評価減額の適用がありません。

この場合は、「申告期限後三年以内の分割見込書」の提出を忘れないようにしてください。

そして、後日、分割協議が正式に確定した時点で仮に算出した税額と比較します。この時点で配偶者の税額軽減と小規模宅地の評価減額を適用します。ただし、未分割が三年を超える場合は、別途届出を要します。

また、確定時点で、相続人によっては当初申告して納めた税金が納め過ぎ、あるいは少ないこともあります。

このような場合、納め過ぎのケースでは、税務署に「更正の請求」を行い、納め過ぎた分の税金を還付してもらいます。

この手続きは、分割が確定した日の翌日から4ヵ月以内に提出しなければなりません。逆に少な過ぎた場合には、同じく税務署に「修正申告書」を提出して不足の税金を支払います。

スポンサードリンク

前のページ【控除の順序】    次のページ【香典の出し方

葬儀・葬式のマナーTOP >  相続税について >  相続税申告に必要な書類 >  相続税の申告