葬儀・葬式のマナーTOP >  相続税について >  相続税の対象となる財産 >  相続税のかかる財産

スポンサードリンク

相続税のかかる財産

本来の財産

項 目 詳 細
現金・預金 現金・郵便貯金・銀行預金等
有価証券 株式・公社債・投資信託・割引債等
不動産 土地・建物・借地権・借家権等
不動産 家具・自動車・貴金属・骨とう品等
その他資産 貸付金・未収金・電話加人権・ゴルフ会員権
事業用資産 商品・売掛金・機械設備等

みなし相続財産

項 目 詳 細
死亡生命保険金 法定相続人1人当たり500万円控除後の金額
死亡退職金 同上・ただし、一定限度の弔慰金は非課税
その他 定期金・年金・遺言による信託財産・低額譲渡

相続時精算課税財産

被相続人の生前に贈与した財産を取得した者で、平成15年に施行された「相続時精算課税制度」の適用を受けた者は、その財産を含めて相続財産とします。

生前贈与財産

相続人の生前に贈与した財産を取得した者が、死亡時に相続財産を取得した場合には、贈与財産を合算して相続財産とされます。

スポンサードリンク

前のページ【相続財産】    次のページ【不動産の評価

葬儀・葬式のマナーTOP >  相続税について >  相続税の対象となる財産 >  相続税のかかる財産