葬儀・葬式のマナーTOP >  葬式後の手続きと届出 >  健康保険の手続き >  健康保険から埋葬料をもらう手続き

スポンサードリンク

健康保険から埋葬料をもらう手続き

健康保険(政府管掌健康保険や健康保険組合、共済組合などのことをいい、国民健康保険以外の医療保険)に加入していた本人が亡くなった場合(自殺も合む)には、埋葬料として好与(標準報酬月額)の1ヵ月分か支給されます。

ただし、申告制ですから社会保険事務所または勤務先が加入している健康保険組合に、所定の書類を提出して申請しなければ受給できません。

申請は、葬儀を行った人(喪主)がするのが基本ですが、それにふさわしい近親者でも申請できます。具体的には、最高限度額98万円、最低保障額10万円となっており、たとえ給与が10万円以下だった場合でも10万円がもらえます。また、健康保険に加入している本人の扶養家族が死亡した場合は、家族埋葬料として一律10万円が支給されます。

申告期間は、亡くなった日から2年以内です。それを越えると権利はなくなりますので注意が必要です。ただし、故人が会社勤務をしていた場合は、埋葬料、家族埋葬料は被保険者の勤務先を通して、死亡の翌日から2年以内に請求するようにします。

埋葬料は健康保険組合や共済組合などから指定口座に振り込まれます。

スポンサードリンク

前のページ【故人の預貯金について】    次のページ【国民健康保険の葬祭費をもらう手続き

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬式後の手続きと届出 >  健康保険の手続き >  健康保険から埋葬料をもらう手続き