葬儀・葬式のマナーTOP >  葬式後の手続きと届出 >  主な手続き >  名義変更

スポンサードリンク

名義変更

名義変更にも、死後すぐに必要な手続きと、遺産相続が確定してから行うものがあります。

死後すぐ手続きが必要なのは、世帯主、もしくは名義者本人が亡くなった場合の世帯主変更届をはじめ、電気、ガス、水道、電話、公団の賃貸住宅の名義などの変更手続きです。

また、相続後の手続きは、故人の財産となる不動産や預貯金、株式、生命保険、自動車などの名義変更です。これらのものは、死亡直後から相続人全員の共有財産となりますので、誰が何を相続するか確定してから名義変更します。それ以前はできません。

ただし、預金口座については、銀行が預金者の死亡を知った時点で、相続が確定するまで入金も出金もストップされてしまいますので、注意が必要です。

死後すぐ手続きする名義変更

・世帯主変更届……住民票のある役場(14日以内に)

・電気、ガス、水道……各営業所(電話で申し出る)

・電話……NTT営業所(故人の除籍謄本、相続人の抄本)

・公団の賃貸住宅の名義変更……各営業所

相続後手続きする名義変更

・不動産……法務局(印鑑証明、相続人全員の戸籍謄本)

・預貯金……各銀行・郵便局(相続人全員の戸籍謄本、銀行によっては死亡診断書)

・株式……各証券会社など

・生命保険……各保険会社など

・自動車……所轄の陸運局(戸籍謄本、相続同意書、住民票、印鑑証明、移転登記申請書、自動車検査証、自動車検査証記入申請書が必要)

スポンサードリンク

前のページ【手続きに必要な書類】    次のページ【保険証や年金証書、免許証などの返却手続き

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬式後の手続きと届出 >  主な手続き >  名義変更