葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー >  連名で持参するときは

スポンサードリンク

連名で持参するときは

親しい仲間や会社の同僚など、連名でお香典を包む場合がありますが、その場合、表に姓名を書くのは3名までにします。それ以上の人数のときは全員の名前を別紙に記入し、中包みの中に入れておきます。

紙幣の枚数は「偶数は避ける」といかれますが、あまりこだわることはないでしょう。ただ4と9は避けたほうが無難です。

スポンサードリンク

前のページ【香典袋の表書きは】    次のページ【郵送するときは

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー >  連名で持参するときは