葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー >  香典袋の表書きは

スポンサードリンク

香典袋の表書きは

市販の香典袋は、「御仏前」 「御言前」などの種類があります。香典袋の表書きは、故人の宗旨に合ったものにします。わからないときは「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。

ただし「御霊前」でも、蓮の花模様は仏式に用いるものなので、それ以外は無地を選びます。

表書きの下段中火に自分の姓名を、裏に住所氏名を書き、中袋にも同じように住所氏名を書きます。香典袋は、金額相当のものを選ぶ配慮は必要です。

新しい礼は、あらかじめ用意していたように見えるという理由で使わないとされていますが、あまり汚い紙幣ではかえって失礼になります。新札なら一度折り目をいれてから使う配慮もしたいものです。

香典袋の表書き
スポンサードリンク

前のページ【香典はいつ持参するのですか?】    次のページ【連名で持参するときは

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー >  香典袋の表書きは