葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー >  供花

スポンサードリンク

供花

生花と花輪があります。これは死者の霊を慰めると同時に、祭壇・斎場を飾る意味もあります。故人の遺志や宗教による決まり、祭壇の広さも関係するので、喪家側の意向を確認してから贈ります。

生花は通夜当日の午前中に。葬儀用の花輪は葬儀の前日までに届くように。いずれもなじみの花屋さんに依頼するか、遺族を通じて葬儀社に注文します。

スポンサードリンク

前のページ【供花・供物のマナー】    次のページ【供物

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー >  供花