葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー >  供花・供物のマナー

スポンサードリンク

供花・供物のマナー

現在は香典などの現金が中心ですが、弔意は供花や供物で表すのが本来で、近親者やごく親しい間柄、会社・団体関係などが贈るのが一般的です。供花や供物を贈った場合は、さらに香典を持参する必要はないとされていますが、実際には立場上から持っていくことがほとんどです。

供花・供物のマナー
スポンサードリンク

前のページ【慶弔事での袱紗の扱い】    次のページ【供花

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー >  供花・供物のマナー