葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  香典の書き方 >  香典の用意

スポンサードリンク

香典の用意

地方や宗教上のしきたりの違いもありますが、訃報を受けたら香典を用意し、通夜か告別式に持参するのが一般的です。訃報直後のとりあえずの弔問には持っていきません。

遠いところにいて、通夜や告別式に出席できない場合は、香典をきちんと不祝儀袋に入れてメッセージと共に現金書留で郵送します。額には特に決まりはなく、地方によっても習慣が違うようです。多ければよいというものでなく、故人や遺族とのつき合いの程度や、持参する人の年齢、立ち場などによります。一般には5千円から1万円が多いようです。

少し前まで、香典には新しいお札を使ってはいけないとされていましたが、今はきれいなお札のほうが受け取る側も感じがよいようです。新札があるならそれを使いましょう。

袱紗などに包んで持参します。

スポンサードリンク

前のページ【団体から香典をいただいた場合】    次のページ【不祝儀袋の種類

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  香典の書き方 >  香典の用意