葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  死後の手続き >  死後の手続き

スポンサードリンク

死後の手続き

人が亡くなったときはまず「死亡届」を出します。

これは死亡した日から7日以内に、死亡した場所の市区役所、町村役場の戸籍係に提出します。「死亡届」を出さないと「死体火葬許可証」が交付されず火葬ができませんので、できるだけ早く、葬儀の前に提出しましょう。

「死亡届」は日曜、祭日、夜間でも受け付けています。届けにいく人はだれでもかまいませんが、地域によっては葬儀社が代行してくれます。この場合でも、親族など故人と同居していた人が届け出人になり、印鑑が必要です。

スポンサードリンク

前のページ【葬儀の後片付け】    次のページ【諸手続き

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  死後の手続き >  死後の手続き