葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  訃報を聞いたとき >  すぐに弔問できないときは

スポンサードリンク

すぐに弔問できないときは

仕事や都合ですぐに弔問できないときもあります。その場合は代理の人に弔問してもらうか、とりあえず弔電を打っておきます。

ただ電報はあくまで略式のものですから、後日訪問できるようになったら弔問にうかがうか、お悔やみの手紙を書いて追悼の意を表しましましょう。

通知を受けた本人に連絡がとれない場合も同様で、家族や同僚が代理で出向くか、弔電を打っておきます。

スポンサードリンク

前のページ【訃報を聞いたとき】    次のページ【慶事を控えている場合

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  訃報を聞いたとき >  すぐに弔問できないときは