葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  訃報を聞いたとき >  訃報を聞いたとき

スポンサードリンク

訃報を聞いたとき

訃報を聞いたとき

いつ弔問するかはお付き合いの度合いによりますが、近親者の場合、通夜や葬儀の準備を手伝う気持ちで駆け付けましょう。遠隔地に往んでいる近親者は、できるだけ早く駆け付けて、故人と最後の別れをします。遺族は、葬儀の日取りを決める際、親族の到着を考唐しますので、知らせを受けたら折り返し、こちらの到着日時を電話か電報で知らせておくことも必要でしょう。

親しい友人、知人の場合もすぐに駆け付けます。しかし故人とあまり親しくない場合、職場の関係者などは、死去直後の取り込み中は避けて、通夜々葬儀のときに弔問するようにします。

隣近所に不幸があった場合は、目頃それほど親しい付き合いがなくても、弔問にはすぐにうかがいたいもの。ただし取り込みの最中なので長居はせず、玄関先で辞去するようにします。

悲しみのなかにいる遺族に、お悔やみを述べるのは難しいものです。まして日ごろ親しくしていればいるほど、あらたまった挨拶は難しいものですが、上手にいえないからといってごもってしまうのはかえって失礼なものです。

「突然のことで驚きました。お力おとしのことと思います。などと、言葉少なめに簡潔に、要領よく挨拶しましょう。

立場は少なくとも、真心こもった言葉、態度、行動があれば先方に通じます。

スポンサードリンク

前のページ【相互リンク集】    次のページ【すぐに弔問できないときは

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  訃報を聞いたとき >  訃報を聞いたとき