葬儀・葬式のマナーTOP >  ニュース > 

スポンサードリンク

新しい葬儀

新しい葬儀を、自分で演出する人が近年増えているそうだ。

近年注目を集めている方法が「散骨葬」である。1990年に元駐日大使ライシャワー博士の遺骨が米サンディエゴ沖に散骨されたが、博士が大の親日家だったため影響で日本でも遺骨や遺灰を海に撒きたいと願う遺族が現れ、当時国会議員だった石原慎太郎氏も「弟の裕次郎の遺骨を彼の愛した湘南の海に撒きたい」と発言。

散骨葬は海に撒くことから「海洋葬」とも呼ばれ、樹木葬と同じく遺骨を自然に還す「自然葬」の一種。自然葬では、海に撒く散骨を援用して好きだった川に流す「清流葬」も一部で行われている。

スポンサードリンク

   前のページ【 相続税について 】    次のページ【 相互リンク

葬儀・葬式のマナーTOP >  ニュース >