葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  葬儀・告別式でのマナー > 

スポンサードリンク

式場で

式場では、遺族のところへ行って挨拶するのは控えます。焼香で遺族と向かい合ったときも黙礼するか、お悔やみの言葉を簡単に述べるだけに。ただ、遠方から来ていてすぐに帰らなければいけない、故人と特別な関係で一言遺族に伝えたいときは、少し早めに行き、世話役に頼んで遺族を呼んでもらうか、遺族の席まで案内してもらいます。

会葬者同士の挨拶も黙礼程度にし、必要なら式後に挨拶します。

焼香

会葬者が多い場合は焼香の長い列ができます。自分の番が近づいたら、すみやかに祭壇に出る用意をしておき、前の人が終わったら進み出て心を込めて焼香し、故人の冥福を祈ります。焼香のさい、バッグは小わきに挟むか人に預けるように。

出棺

告別式が終わると、棺のふたがあけられて最後の対面となります。そのあと再びふたがしめられ、遺族と葬儀社によってくぎ打ちがされ、親族や近親者の男性によって棺が運び出され、霊柩車へ乗せられます。

出棺は、一般会葬者が故人を見送る最後の場。急用でもない限り帰らずに、このときまで待って見送るのが礼儀です。寒い日の屋外で出棺を待つ間は、コートなどは着ていてもかまいませんが、喪家側の挨拶のときには脱ぎ、霊柩車が走り出す直前にていねいに頭を下げ、合掌して冥福を祈ります。

火葬とお清め

特に親しかった友人・知人は、遺族にすすめられ、火葬に立ち会う場合もあります。出棺したら、世話役から指定された車に乗り火葬場に向かいます。火葬場では、棺を火葬炉前に安置すると僧侶の読経・焼香があり、そのあとに、一同が焼香して納めの式を行います。火葬終了後ふたり一組で骨を拾い、骨壷に納めます。

火葬場から帰ったら、留守番の人に玄関先で手に水をかけてもらい、塩を振ってもらってお清めをします。

火葬

精進落とし

遺骨が戻り、遺骨回向、初七日の法要が終わると、遺族側で精進落としの宴席を設けます。慰労と感謝の気持ちを込めてお酒と料理がふるまわれます。遺族の心労を考えて、あまり長居はしないようにします。

スポンサードリンク

   前のページ【 お通夜でのマナー

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  葬儀・告別式でのマナー >