葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物の贈り方 > 

スポンサードリンク

供花・供物の贈り方

供花・供物の贈り方霊前に供える贈り物を供花・供物と呼びます。

読み方は供花は「きょうか」供物は「くもつ」です。これらは故人や遺族の近親者やとくに親しい人によって贈られることが多いようです。贈る場合には、会場のスペースの問題などがありますので、必ず事前に遺族側に相談しましょう。また、葬儀がどのような宗教に則って行なわれるかどうかで供花や供物の贈り方も変わってきます。

ただし、喪家によっては供花や供物は受け取らないとするケースがあります。このような場合には当家の意向を尊重するのがマナーです。「供花・供物は辞退します」といった通知があれば、それに従い、代わりに香典を持参しましょう。

また、「ご厚志はお断わり申し上げます」という場合は、香典も一切受け取らないということなので、無理に受け取ってもらおうとすることは避けましょう。

供花・供物の手配

供花・供物の手配供花や供物は祭壇に飾るもの。不祝儀ののし紙をかけて贈りましょう。通夜に問に合うように贈りたい場合には、通夜当日の午前中に届くよう、また葬儀用なら前日に届くように手配します。供物には果物のほか、線香やろうそく、干菓子などが選ばれます。

一方、供花には、生花と花輪があります。会場にふさわしいものにするためにも、葬儀社に予算を伝えて選んでもらうとよいでしょう。白をペースにユリや菊、胡蝶蘭など静かな雰囲気の花が選ばれています。仏式では魚や肉などの生ものは贈らないようにしましょう。

供花の読み方

供花の読み方は「きょうか」が一般的ですが仏教関係の専門用語として「くげ」と読む場合もあります。

ワープロの漢字変換ではどちらでもでてきます。

供物は「くもつ」と読みます。

スポンサードリンク

   前のページ【 供花・供物のマナー 】    次のページ【 お通夜でのマナー

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物の贈り方 >