葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー > 

スポンサードリンク

供花・供物のマナー

現在は香典などの現金が中心ですが、弔意は供花や供物で表すのが本来で、近親者やごく親しい間柄、会社・団体関係などが贈るのが一般的です。供花や供物を贈った場合は、さらに香典を持参する必要はないとされていますが、実際には立場上から持っていくことがほとんどです。

供花・供物のマナー

供花

生花と花輪があります。これは死者の霊を慰めると同時に、祭壇・斎場を飾る意味もあります。故人の遺志や宗教による決まり、祭壇の広さも関係するので、喪家側の意向を確認してから贈ります。

生花は通夜当日の午前中に。葬儀用の花輪は葬儀の前日までに届くように。いずれもなじみの花屋さんに依頼するか、遺族を通じて葬儀社に注文します。

供物

線香や抹香、ろうそく、干菓子、果物などを贈るのが一般的です。届ける場合は、祭壇の飾りつけをする前(通夜当日の午前中)に到着するように手配します。弔事用の包装紙で包み、不祝儀の水引をかけ、表書きは「御霊前」が一般的。果物類をかご盛りにした場合は、水引代わりに黒白のリボンをかけ、カードに氏名を記入します。

通夜・告別式で

時間には、余裕をもって出かけます。受付で「このたび……」と挨拶し、受付台の上で不祝儀袋を取り出し、相手に向けて「ご霊前に……」と香典を差し出します。会葬者名簿に住所・氏名を書き、会社の上司や夫の代理の場合は、上司や夫の氏名を書き「代理」と書き添えます。

通夜と告別式の両方に出る場合でも、会葬者として両方に記帳します。

スポンサードリンク

   前のページ【 香典袋の種類 】    次のページ【 供花・供物の贈り方

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  供花・供物のマナー >