葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  香典の書き方 > 

スポンサードリンク

香典の用意

地方や宗教上のしきたりの違いもありますが、訃報を受けたら香典を用意し、通夜か告別式に持参するのが一般的です。訃報直後のとりあえずの弔問には持っていきません。

遠いところにいて、通夜や告別式に出席できない場合は、香典をきちんと不祝儀袋に入れてメッセージと共に現金書留で郵送します。額には特に決まりはなく、地方によっても習慣が違うようです。多ければよいというものでなく、故人や遺族とのつき合いの程度や、持参する人の年齢、立ち場などによります。一般には5千円から1万円が多いようです。

少し前まで、香典には新しいお札を使ってはいけないとされていましたが、今はきれいなお札のほうが受け取る側も感じがよいようです。新札があるならそれを使いましょう。

袱紗などに包んで持参します。

不祝儀袋の種類

水引の色、装飾、紙質、折り方などさまざまな種類の不祝儀袋が市販されているので、包む金額に見合ったものを用意します。

表書きの書き方と種類

書き方……毛筆で楷書で書くのが正式です。筆ペンでもよいでしょう。氏名は水引の下側にフルネームで、上段の表書きの字よりやや小さく。中袋の表側には金額を。数字は、壱、弐、参などの大字を使いますが、不得手なら、一、二、三の漢数字でも。中袋裏側には、自分の住所と氏名を記入。

裏側の重ね方……下を祈ってから上を祈り重ね、上部が下向きになるように。裏側の祈り返しの中には、数字で小さく金額を記入。

種類

・仏式

「御霊前」が一般的。こ れはどの宗教にも共通して使用。ハスの花の模様があるものは仏式用のみ。四十九日以降は「御仏前」「御供物料」など。「御香典」はいつでも使える。

・神式

「御榊料」「玉串料」「御神饌料」など。通夜や、葬儀のときなら「御霊前」も。

・キリスト数式

「御花料」「御ミサ料」。「御霊前」も。

・無宗教

「御霊前」「御花料」などが無難。

慶弔事での袱紗の扱い

金封は、それを汚さないように袱紗に包んで持参するのがマナー。台付袱紗の場合、弔事の台は地味な色のほうを上に、慶事の台は赤を上にします。

袱紗の包み方

香典袋の表書き

一般的には、水引きの付いた市販の不祝儀袋を使い、薄墨で表書きをします。

薄墨で書くのは涙で滲んでしまったという表現です。

御霊前は宗教を問わずにお通夜・告別式のどちらでも使えます。

香典袋の表書き

香典の中包み

表には何も書かずに、裏側に金額、郵便番号、住所、名前を書きます。旧字体を用いるのが正式ですが最近では略式(「五千円」など)でも問題ありません。略式で金一万円は旧字体では金壱萬円となります。

香典の中包み
スポンサードリンク

   次のページ【 香典の出し方

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >  香典の書き方 >