葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー > 

スポンサードリンク

香典の用意

地方や宗教上のしきたりの違いもありますが、訃報を受けたら香典を用意し、通夜か告別式に持参するのが一般的です。訃報直後のとりあえずの弔問には持っていきません。

遠いところにいて、通夜や告別式に出席できない場合は、香典をきちんと不祝儀袋に入れてメッセージと共に現金書留で郵送します。額には特に決まりはなく、地方によっても習慣が違うようです。多ければよいというものでなく、故人や遺族とのつき合いの程度や、持参する人の年齢、立ち場などによります。一般には5千円から1万円が多いようです。

少し前まで、香典には新しいお札を使ってはいけないとされていましたが、今はきれいなお札のほうが受け取る側も感じがよいようです。新札があるならそれを使いましょう。

袱紗などに包んで持参します。

不祝儀袋の種類

水引の色、装飾、紙質、折り方などさまざまな種類の不祝儀袋が市販されているので、包む金額に見合ったものを用意します。

表書きの書き方と種類

書き方……毛筆で楷書で書くのが正式です。筆ペンでもよいでしょう。氏名は水引の下側にフルネームで、上段の表書きの字よりやや小さく。中袋の表側には金額を。数字は、壱、弐、参などの大字を使いますが、不得手なら、一、二、三の漢数字でも。中袋裏側には、自分の住所と氏名を記入。

裏側の重ね方……下を祈ってから上を祈り重ね、上部が下向きになるように。裏側の祈り返しの中には、数字で小さく金額を記入。

種類

・仏式

「御霊前」が一般的。こ れはどの宗教にも共通して使用。ハスの花の模様があるものは仏式用のみ。四十九日以降は「御仏前」「御供物料」など。「御香典」はいつでも使える。

・神式

「御榊料」「玉串料」「御神饌料」など。通夜や、葬儀のときなら「御霊前」も。

・キリスト数式

「御花料」「御ミサ料」。「御霊前」も。

・無宗教

「御霊前」「御花料」などが無難。

慶弔事での袱紗の扱い

金封は、それを汚さないように袱紗に包んで持参するのがマナー。台付袱紗の場合、弔事の台は地味な色のほうを上に、慶事の台は赤を上にします。

袱紗の包み方

供花・供物のマナー

現在は香典などの現金が中心ですが、弔意は供花や供物で表すのが本来で、近親者やごく親しい間柄、会社・団体関係などが贈るのが一般的です。供花や供物を贈った場合は、さらに香典を持参する必要はないとされていますが、実際には立場上から持っていくことがほとんどです。

供花・供物のマナー

供花

生花と花輪があります。これは死者の霊を慰めると同時に、祭壇・斎場を飾る意味もあります。故人の遺志や宗教による決まり、祭壇の広さも関係するので、喪家側の意向を確認してから贈ります。

生花は通夜当日の午前中に。葬儀用の花輪は葬儀の前日までに届くように。いずれもなじみの花屋さんに依頼するか、遺族を通じて葬儀社に注文します。

供物

線香や抹香、ろうそく、干菓子、果物などを贈るのが一般的です。届ける場合は、祭壇の飾りつけをする前(通夜当日の午前中)に到着するように手配します。弔事用の包装紙で包み、不祝儀の水引をかけ、表書きは「御霊前」が一般的。果物類をかご盛りにした場合は、水引代わりに黒白のリボンをかけ、カードに氏名を記入します。

通夜・告別式で

時間には、余裕をもって出かけます。受付で「このたび……」と挨拶し、受付台の上で不祝儀袋を取り出し、相手に向けて「ご霊前に……」と香典を差し出します。会葬者名簿に住所・氏名を書き、会社の上司や夫の代理の場合は、上司や夫の氏名を書き「代理」と書き添えます。

通夜と告別式の両方に出る場合でも、会葬者として両方に記帳します。

とりあえずの弔問マナー

親しい人の不幸を知ったら都合をつけて弔問。香典は持参せず、玄関先で遺族にお悔やみを述べ、もしも部屋に通されたら、なるべく短時間で辞去します。故人との対面は、遺族からすすめられた場合だけ。涙はできれば見せないように。対面したくない場合は「お会いするのはつらすぎますので」「取り乱しては申しわけないので」と断わります。

通夜でのマナー

定刻10分前には受付をすませます。祭壇を中央にして、左右に席がある場合は、祭壇に向かって左側の後方の席に、席が同一万向に並んでいる場合も後方に座ります。

通夜でのマナー

通夜式・焼香・通夜ぶるまい

通夜式は僧侶の読経で始まります。通夜の焼香は線香が一般的でしたが、今は抹香を焚くことも多く、場所や人数の都合で回し焼香の場合もあります。ていねいに拝礼し、遺族へ挨拶する機会があれば「このたびはご愁傷なことでございます」と心を込めてていねいにおじぎをすれば、さらに言葉を述べる必要はありません。焼香終了後は、係の指示に従います。

通夜ぶるまいは、弔問に対するお礼とお清めの意味で行われます。故人の供養にもなるので、すすめられたら同席します。ただし、遺族は心労・疲労が重なっているので長居は禁物。僧侶の退席などをきっかけに、「本日はこれで失礼します」と挨拶をして退出します。お開きの挨拶があれば、それに従います。

式場で

式場では、遺族のところへ行って挨拶するのは控えます。焼香で遺族と向かい合ったときも黙礼するか、お悔やみの言葉を簡単に述べるだけに。ただ、遠方から来ていてすぐに帰らなければいけない、故人と特別な関係で一言遺族に伝えたいときは、少し早めに行き、世話役に頼んで遺族を呼んでもらうか、遺族の席まで案内してもらいます。

会葬者同士の挨拶も黙礼程度にし、必要なら式後に挨拶します。

焼香

会葬者が多い場合は焼香の長い列ができます。自分の番が近づいたら、すみやかに祭壇に出る用意をしておき、前の人が終わったら進み出て心を込めて焼香し、故人の冥福を祈ります。焼香のさい、バッグは小わきに挟むか人に預けるように。

出棺

告別式が終わると、棺のふたがあけられて最後の対面となります。そのあと再びふたがしめられ、遺族と葬儀社によってくぎ打ちがされ、親族や近親者の男性によって棺が運び出され、霊柩車へ乗せられます。

出棺は、一般会葬者が故人を見送る最後の場。急用でもない限り帰らずに、このときまで待って見送るのが礼儀です。寒い日の屋外で出棺を待つ間は、コートなどは着ていてもかまいませんが、喪家側の挨拶のときには脱ぎ、霊柩車が走り出す直前にていねいに頭を下げ、合掌して冥福を祈ります。

火葬とお清め

特に親しかった友人・知人は、遺族にすすめられ、火葬に立ち会う場合もあります。出棺したら、世話役から指定された車に乗り火葬場に向かいます。火葬場では、棺を火葬炉前に安置すると僧侶の読経・焼香があり、そのあとに、一同が焼香して納めの式を行います。火葬終了後ふたり一組で骨を拾い、骨壷に納めます。

火葬場から帰ったら、留守番の人に玄関先で手に水をかけてもらい、塩を振ってもらってお清めをします。

火葬

精進落とし

遺骨が戻り、遺骨回向、初七日の法要が終わると、遺族側で精進落としの宴席を設けます。慰労と感謝の気持ちを込めてお酒と料理がふるまわれます。遺族の心労を考えて、あまり長居はしないようにします。

香典の出し方

香典は故人への弔意を表すもので、遺族に対しては、葬儀費用の一部にあててもらうという意味があります。

香典は不祝儀袋におさめ、さらに汚れないようにふくさや風呂敷、ハンカチで包んで持参します。

このとき、ふくさの包み方は、慶事とは逆になります。

香典は葬儀か通夜に持参し、受付に渡します。受付がない場合は遺族に直接渡します。葬儀・通夜に参列できない場合は、現金書留で送ります。死去直後の弔問に香典を持参すると、あらかじめ用意していたような印象を先方に与えるので、やめたほうがよいとされます。

しかし相手が身内で、早めに葬儀資金を援助してあげたいといったときには、そのかぎりではありません。

香典には荷札は使わないとされていますが、こだわる必要はありません。迷うようなら、荷札に一度折り目をつけてから包むとよいでしょう。

金額は、故人との関係や、社会的な立場によって異なります。金額で迷うなら、同じような立場の人に相談しましょう。

香典の目安

贈り先 金額
勤務先の上司 5,000円
勤務先の同僚 5,000円
勤務先の部下 5,000円
勤務先社員の家族 5,000円
取引先関係 10,000円
祖父母 10,000円
おじ・おば 10,000円
その他親類 10,000円
友人・知人 5,000円
隣・近所 5,000円
友人・知人の家族 5,000円
両親 100,000円

香典袋の種類

香典袋は金額によって分けるのが一般的です。

目安として、以下の表をご参考にしてください。

香典袋祝儀袋は何枚か買っておくと、もしもの時に慌てなくてすみます。


金額 画像 金額
3000円~5000円程度 香典袋 価格100円(税込105円) 送料別
5000円~3万円程度 香典袋 価格180円(税込189円) 送料別
3万円~5万円程度 香典袋 価格105円(税込110円) 送料別
提携サイト:楽天市場楽天市場

供花・供物の贈り方

供花・供物の贈り方霊前に供える贈り物を供花・供物と呼びます。

読み方は供花は「きょうか」供物は「くもつ」です。これらは故人や遺族の近親者やとくに親しい人によって贈られることが多いようです。贈る場合には、会場のスペースの問題などがありますので、必ず事前に遺族側に相談しましょう。また、葬儀がどのような宗教に則って行なわれるかどうかで供花や供物の贈り方も変わってきます。

ただし、喪家によっては供花や供物は受け取らないとするケースがあります。このような場合には当家の意向を尊重するのがマナーです。「供花・供物は辞退します」といった通知があれば、それに従い、代わりに香典を持参しましょう。

また、「ご厚志はお断わり申し上げます」という場合は、香典も一切受け取らないということなので、無理に受け取ってもらおうとすることは避けましょう。

供花・供物の手配

供花・供物の手配供花や供物は祭壇に飾るもの。不祝儀ののし紙をかけて贈りましょう。通夜に問に合うように贈りたい場合には、通夜当日の午前中に届くよう、また葬儀用なら前日に届くように手配します。供物には果物のほか、線香やろうそく、干菓子などが選ばれます。

一方、供花には、生花と花輪があります。会場にふさわしいものにするためにも、葬儀社に予算を伝えて選んでもらうとよいでしょう。白をペースにユリや菊、胡蝶蘭など静かな雰囲気の花が選ばれています。仏式では魚や肉などの生ものは贈らないようにしましょう。

供花の読み方

供花の読み方は「きょうか」が一般的ですが仏教関係の専門用語として「くげ」と読む場合もあります。

ワープロの漢字変換ではどちらでもでてきます。

供物は「くもつ」と読みます。

スポンサードリンク

   前のページ【 葬儀に参列する 】    次のページ【 遺族のすべきこと

葬儀・葬式のマナーTOP >  弔問のマナー >