葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  遺品の整理 > 

スポンサードリンク

遺品の整理

葬儀が終わり、落ち着いてきたら遺品の整理をします。勤務先などの私物は、できる限り早く整理にうかがいましょう。

故人の住所録や手帳、手紙などは、死亡通知や年賀欠礼の挨拶状を出すときなど、必要になることがありますので、最低1、2年はとっておきます。

故人の敷いていた布団は、何日聞か日に当てるか、洗って仕立て直します。病気によっては消毒や焼却が必要になりますので、迷ったら医師に相談してください。

形見分けはだれに

遺品の整理を終えて、四十九日が過ぎたあと、故人が日ごろ愛用していた品物を形見分けをする場合があります。たとえば、盆栽や貴重な書籍、装身具などを遺品とすることが多いようです。いくら故人が大切にしていたものでも、押し付けることは避けなければなりません。

形見分けをする人は、家族やごく親しい親戚、友人にします。しかし、故人がいちばん親しみを感じ、また世話になった人を第一に考えるべきで、血縁の順位で決めるべきものではないと思います。

またたとえ近親者であっても、目上の人には差し上げないのが普通です。実際には死後に分けてもらったものには深い愛着はなく、生前にその人自身から手渡されたもののほうに本当の思い出を感じますから、形式的な形見分けにこだわる必要はないような気がします。

スポンサードリンク

   前のページ【 年金の手続き 】    次のページ【 香典返し

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀の後で >  遺品の整理 >