葬儀・葬式のマナーTOP >  遺族のすべきこと >  葬儀費用 > 

スポンサードリンク

葬儀費用

葬儀を執り行うには、葬儀社の費用だけではなく、当日の返礼品、通夜ぶるまい、精進落としの3種の費用がかかります。

金額は葬儀の規模や会葬者の数によっても変わってきますし、斎場などを使用する場合には、その会場料金もかかりますので、葬儀の予算を決めるには、まず総額でいくらという枠を決めておくことが必要です。

通常、葬儀社による葬儀料金はセット料金になっていますが、セットのなかに合まれるのはおおむね次のようなものです。

セット料金

・祭壇、棺用具一式

・遺骨容器

・遺影写真

・霊柩車使用料

・祭壇供物

・ドライアイス

・幕飾り、骨付設備

・受付用品、放送設備

・案内用品、寸志袋、指さし紙

・備品

・司会、進行

ただし、セット料金に合まれない用品の用意や、各方面への手配代行サービスなどは別料金になることがありますので、必ず見積書をもらって納得して依頼することが大切です。

葬儀社を選ぶときは、まず料金を問い合わせて明瞭に答える社であることが大切ですし、依頼に際しては、見栄を張らないことが肝要です。

また、以前は自宅で葬儀をするのが一般的でしたが、住宅事情の問題もあり、近年の傾向として、自宅で葬儀を施行するケースは大幅に減少。民間斎場や公営施設を利用する家庭が増えています。それにつれて、葬儀費用の負担も大きくなっているようです。

葬儀費用の平均見積り額

都内の友人葬専門会社の統計によりますと、平均的な葬儀費用の見積りは次のようになるそうです。

・セット料金 20万円~60万円

・セットに含まれない付属品。マイクロバス、ハイヤー、貸し衣装など 10万円~20万円

・当日返礼品 一人当たり700円~2000円

なお、供花類は一時立替払いなので、葬家の負担はありません。

また、この見積りを基準に葬家が選ぶセット料金は30万円前後か、40万円前後が一般的で、セット以外の付属品は10万円~13万円の範囲が多いようです。

ですから、一般的に葬家が負担する基本的な葬儀費用は40万円~53万円前後ということになります。ただし、生活保護世帯や、一人住まいで身よりのない方の葬儀については、直接、葬儀社に相談してみることをおすすめします。

葬儀の収支決算例

(例)享年80歳/喪主は妻65歳/仏式による葬儀/埼玉県在住

入●香典(100人/推計)……75万円

出●葬祭業者支払い……117万0300円

●祭壇……45万円

●寝棺……6万円

●基本セット(受付用品、枕飾りなど)……13万9000円

●儀典セット(後飾りなど)……16万円

●提灯……1万円

●順路案内看板(3枚)……9000円

●霊柩車……3万5000円

●火葬場(公共)……4800円

●マイクロバス1台……3万5000円

●ハイヤー……2万4000円

●返礼品一式000個)……18万8000円

●消費税……5万5500円

●式場費(業者の斎場利用、2日間)……10万円

●お布施……40万円

●飲食費……30万5000円

●通夜ぶるまい(50人分・飲料費別)……16万5000円

●精進落とし (40人分・飲料費別)……14万円

●心づけ(霊柩車の運転手など)……8000円

●合計198万3300円

もちろん葬儀費用は地域や風習などによって変わってきますので参考までにして下さい。

スポンサードリンク

   前のページ【 遺体の引き取り方 】    次のページ【 喪主のあいさつ例

葬儀・葬式のマナーTOP >  遺族のすべきこと >  葬儀費用 >