葬儀・葬式のマナーTOP >  遺族のすべきこと > 

スポンサードリンク

家族が亡くなったら

人の死といっても、さまざまな亡くなり方があります。病気や寿命による自然死もあるでしょうし、交通事故や、災害による事故死という場合もあります。その死の迎え方によって、それぞれ遺族のとる手続きも少しずつ違ってきます。

自宅で亡くなった場合

自宅で病気療養中、容態が急変した場合は、早急にかかりつけの主治医に連絡し、指示を仰ぎます。健康な人が突然倒れたときは、救急車で病院に運んでもらいますが、病院に運ばれる途中や、病院に着いてから死亡した場合は、死因に疑問が残らなければ、病気による自然死と同じ扱いになります。

病気で療養中であっても、家人が気がつかないときに亡くなる場合もあります。こういう場合は遺体に手を触れずに、主治医に連絡します。かかりつけの医師がいない場合は、最寄りの警察署に連絡しましょう。

また原因不明で急死したときも、―10番で、直接最寄りの警察に連絡すれば、警察の指定医が来てくれます。いずれの場合も、医師が来て遺体の検死を行い、死亡診断書を書くまでは遺体に触れたり動かすことはできません。

もし検死を受けても死因が不明のときは、変死として警察医立ち会いのもとで行政解剖が行われることもあります。

病院で亡くなった場合

現在は、病院で亡くなるケースが大半です。 入院中に亡くなった場合は、死因がはっきりしているので、ほとんどが病気による自然死として扱われます。

ただし、死因に疑問が残る場合や、臨床的に特異な場合などは、遺族の許可を得て、主治医が執刀して解剖が行われることもあります。

事故死・変死の場合

交通事故などで、病院に運ばれてから死亡した場合は、病気による自然死と同じ扱いになります。しかし交通事故による即死や、だれもいないときに急死、その他不目然な死の場合は、警察医の検死が必要になります。

検死が終わり、警察から死体検案書が交付されるまでは、遺体にさわったり動かすことはできません。死体検案書とは、自然死の場合の死亡診断書にあたるものです。

事故死、自殺などで、死因が故人に非のある場合は、遺族が負担しなくてはならない費用や損害賠償が発生することがあります。海や山での遭難の捜索費などがそれにあたります。

旅先・海外で亡くなった場合

旅先など遠方で死亡した場合、現地の医師に死亡診断書をもらいますが、遺体のまま自宅へ運ぶ方法か、現地で火葬して遺骨で持ち帰るかは、死亡の状況や遺族の事情を考慮して決めます。これは海外で死亡した場合も同様です。海外から遺体を運ぶにはいくつかの条件を整える必要があります。

日本の大使館、公使館、総領事館、領事館が死亡場所の近くにあること。

航空機での搬送に耐える棺が現地で入手できること、などです。また現地を出国するときに、日本の大使館などの証明書をもらいます。これが日本での火葬、埋葬の際、必要になります。

なお現地で火葬した場合は、現地での死亡診断書、火葬証明などを持ち帰り、戸籍係に提出します。

葬儀の連絡

まず知らせるのは親族です。死亡通知をする範囲は、個々の事情によって違いますが、一般的に親族は3親等までを目安にするといいでしょう。交流が途絶えている親族などは、あえて連絡をしない場合もあります。

友人・知人への連絡

故人と親しかった友人、知人に連絡 しますが、遺族が全員に連絡するとなると大変なので、主な関係者に連絡し、 その人から通知してもらうようにお願いすればよいでしょう。

また出身学校の同窓会や、故人が親しくしていたグループの友人だちなども忘れないように連絡します。

勤務先、取引先への連絡

場合によっては社葬が行われることもありますので、できるだけ早く連絡します。その際、生前お世話になったことへの謝意と、逝去によって迷惑をかけるおわびの言葉をひとこと添えたいものです。

近隣、町内会への連絡

故人と親交のあった人はもちろんですが、自宅で通夜や葬儀をしなくても人の出人りも激しくなり、迷惑をかけることになりますので、日ごろお世話になっている町内会や自治会にも知らせておきましょう。

遺体の引き取り方

最近は自宅より病院で亡くなる方が多くなりましたが、臨終後の遺体の移送から葬儀までを葬儀社がしますので、葬儀社への連絡は速やかにしたいものです。

連絡が遅れると、火葬場が限られていることもあり、希望の日に葬儀ができなかったり、葬儀の日取りが決まらないこともあります。

運転手さんへの心づけ

なお、遺体は依頼した葬儀社が寝台車で自宅に移送します。道路状況や寝台車の配車の関係で、時間がかかる場合もありますが、よほどのことがない限り、それほど長時間、病院で待つことはありませんので、依頼した葬儀社の指示に従う方が安全です。

また、自宅に着いた時点で心づけを払うのが普通です。心づけの金額は昼間と夜間、近距離と遠距離で多少の遠いがありますので葬儀社の方に関いたほうがよいでしょう。通常は3、000円~5、000円くらいです。

死亡診断書

病院で遺体を引き取る際に、医師に死亡診断書を書いてもらいます。死亡診断書は死亡届と一緒になっていますので、必要事項を記入し、区「市」役所の戸籍係に届けますが、届け出に際しては必ず印鑑が必要です。

死亡届の提出は、規定では死後7日以内となっていますが、死亡届を出さないと火葬「埋葬」許可証は交付されず、葬儀が行えませんので、実際には1日の猶予もないのが普通です。役所は、休日や深夜を含めて24時間受け付けていますので、速やかに提出したいものです。

なお、死亡届の提出も、希望すれば葬儀社が代行します。ちなみに、火葬、埋葬は死後24時間を経過しないと行えません。

葬儀費用

葬儀を執り行うには、葬儀社の費用だけではなく、当日の返礼品、通夜ぶるまい、精進落としの3種の費用がかかります。

金額は葬儀の規模や会葬者の数によっても変わってきますし、斎場などを使用する場合には、その会場料金もかかりますので、葬儀の予算を決めるには、まず総額でいくらという枠を決めておくことが必要です。

通常、葬儀社による葬儀料金はセット料金になっていますが、セットのなかに合まれるのはおおむね次のようなものです。

セット料金

・祭壇、棺用具一式

・遺骨容器

・遺影写真

・霊柩車使用料

・祭壇供物

・ドライアイス

・幕飾り、骨付設備

・受付用品、放送設備

・案内用品、寸志袋、指さし紙

・備品

・司会、進行

ただし、セット料金に合まれない用品の用意や、各方面への手配代行サービスなどは別料金になることがありますので、必ず見積書をもらって納得して依頼することが大切です。

葬儀社を選ぶときは、まず料金を問い合わせて明瞭に答える社であることが大切ですし、依頼に際しては、見栄を張らないことが肝要です。

また、以前は自宅で葬儀をするのが一般的でしたが、住宅事情の問題もあり、近年の傾向として、自宅で葬儀を施行するケースは大幅に減少。民間斎場や公営施設を利用する家庭が増えています。それにつれて、葬儀費用の負担も大きくなっているようです。

葬儀費用の平均見積り額

都内の友人葬専門会社の統計によりますと、平均的な葬儀費用の見積りは次のようになるそうです。

・セット料金 20万円~60万円

・セットに含まれない付属品。マイクロバス、ハイヤー、貸し衣装など 10万円~20万円

・当日返礼品 一人当たり700円~2000円

なお、供花類は一時立替払いなので、葬家の負担はありません。

また、この見積りを基準に葬家が選ぶセット料金は30万円前後か、40万円前後が一般的で、セット以外の付属品は10万円~13万円の範囲が多いようです。

ですから、一般的に葬家が負担する基本的な葬儀費用は40万円~53万円前後ということになります。ただし、生活保護世帯や、一人住まいで身よりのない方の葬儀については、直接、葬儀社に相談してみることをおすすめします。

喪主のあいさつの例①

精進落としに先立ちまして一言、お礼を述べさせていただきます。

故○○の葬儀に当たっては、通夜から本日まで、皆様にはほんとうにお世話になりました。何分気が動転して、喪主としてはただおろおろするばかり。何もできませんでしたが、皆様のお力添えのおかげで無事に葬儀を終えることができました。

心より感謝申し上げます。おかげさまで、○○も安らかな眠りについたことと存じます。

△△様には通夜から告別式までの一切を取り仕切っていただきまして、感謝の言葉もありません。また、お手伝いいただいた皆々様、ほんとうにありがとうございました。

心ばかりの粗餐ではありますが、食事とお酒の席を設けさせていただきました。どうぞおくつろぎくださいますようお願いいたします。

本日は、誠にありがとうございました。

喪主のあいさつの例②

私は、故人○○○○の長男、○○でございます。本日はお忙しいところを、ご会葬くださいまして、まことにありがとうございます。

また、母の病気入院中には、多くの皆様からお見舞いや励ましを賜りましたことに対し、母に代わり心からお礼申しあげます。母は長い入院生活を送っていましたが、病院の先生方のご配慮で、最期の一週間は自宅で過ごすことができました。

亡くなる前日には意識を無くしまして、そのまま苦しまず、安らかに眠りにつきました。自然をこよなく愛した母らしい、静かに自然に溶け込むような最期でした。このようにたくさんの方々に見送られて、母も感謝していると思います。本日はありがとうございました。

喪主の子供のあいさつ例

本日は遠路、○○○○の葬儀にご会葬いただき、まことにありがとうございました。本来なら、喪主であります、故人の長女、○○より一言ごあいさつ申しあげるところでございますが、ただいま体調を崩しておりますので、代わりまして、○○の娘で故人の孫にあたります私○○からごあいさつさせていただきます。

祖父が息を引き取りましたのは、○月○日の○時○分のこと、1年前より入院中の○○病院のベッドの上でした。長い入院生活は本人にはつらかったでしょうが、その間多くの方がお見舞いに来てくださいました。

皆様からいただいた励ましのお言葉やお見舞いは、祖父のなぐさめとなったことと思います。生前に賜りましたご厚誼に改めて心から御礼申しあげ、ごあいさつとさせていただきます。ご友人の皆様、ご近所の皆様、本日は本当にありがとうございました。

葬儀の収支決算例

(例)享年80歳/喪主は妻65歳/仏式による葬儀/埼玉県在住

入●香典(100人/推計)……75万円

出●葬祭業者支払い……117万0300円

●祭壇……45万円

●寝棺……6万円

●基本セット(受付用品、枕飾りなど)……13万9000円

●儀典セット(後飾りなど)……16万円

●提灯……1万円

●順路案内看板(3枚)……9000円

●霊柩車……3万5000円

●火葬場(公共)……4800円

●マイクロバス1台……3万5000円

●ハイヤー……2万4000円

●返礼品一式000個)……18万8000円

●消費税……5万5500円

●式場費(業者の斎場利用、2日間)……10万円

●お布施……40万円

●飲食費……30万5000円

●通夜ぶるまい(50人分・飲料費別)……16万5000円

●精進落とし (40人分・飲料費別)……14万円

●心づけ(霊柩車の運転手など)……8000円

●合計198万3300円

もちろん葬儀費用は地域や風習などによって変わってきますので参考までにして下さい。

危篤の連絡の仕方

肉親の死に接するのは辛いものです。なにをする気にもなれないのも当然ですが、最後の別れが必要な人に連絡をしなければなりません。

危篤の連絡の範囲は、家族、三親等までの親族、親しい友人、知人などが中心となります。

しかし、これはあくまでも目安です。

三親等までの親族でもふだん疎遠なところは危篤の連絡は必要ないでしょう。

むしろ、故人の親友などを優先したほうがよく、交際の度合いを考えて決めることです。

連絡は電話でかまいません。

早朝や深夜だったら「こんな時間に失礼しますが…」と詫びて、こちらの名前と事情を告げます。

先方と電話連絡がつかないときは、電報を打ちます。電文は、「○○キトク、デンワコウ」などとします。

遺体の引き取り

病院で死亡した場合、病院側の手で遺体が清められますから、死化粧(しにげしょう)をして、ただちに病室を出ることになります。霊安室に移されることもあり、そのまま寝台自動車で自宅に運ぶこともあります。いずれにしても遺族はすみやかに病室の整理をして遺体を引き取らなければなりません。

こうした処置は、遺族にとっては冷たい処遇と受けとめがちですが、他の患者への影響を考えてのことです。

近年では病院での死亡が増加しており、自宅での死亡よりも多い比率になっています。医療の発達とともにこの傾向はますます強くなるものと考えられます。

遺体の引き取りには、二人か三人で出向きます。病院への支払いのほか、死亡診断書をもらうなどもあり、また故人の私物の引き取り、世話になった方々へのお礼などの用事もあります。

現金は多目に用意し、お礼のお金は白地の封筒などにキリのいい金額を入れておきます。

スポンサードリンク

   前のページ【 弔問のマナー 】    次のページ【 葬儀の後で

葬儀・葬式のマナーTOP >  遺族のすべきこと >