葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  お焼香のマナー > 

スポンサードリンク

お焼香

普通、焼香は3回繰り返しますが、会葬者が多いときは1回だけでもかまいません。焼香も、故人の冥福を祈る気持ちが大切なわけですから、とくに回数の決まりはありません。

また通夜に弔問するときは、線香をあげますが、線香は1本手にとり、ろうそくの火を線香に移したら、片手であおいで火を消して立てます。線香を2本たくときは、香炉に1本ずつ離して立てますが、宗旨によっては、線香を寝かせる場合もあります。

回し焼香

式場や時間の関係で、回し焼香が行われるときがあります。自分の前に香炉が回ってきたら、香炉を盆ごと両手で受け取って、膝の前に置いて焼香をします。もし膝の前が狭い場合は、膝にのせて焼香をします。「お先に」と、次の人に小さな声で挨拶したほうがいいでしょう。

葬儀の席次の決まり

葬儀では、遺族が弔問客の出迎え見送りはしないのがしきたりです。

席に厳格な決まりはありませんが、祭壇に向かって右側に親族、左側に弔問客が座ることが多いようです。席が決まらず混乱しますと、遺族に心配をかけますので、遠慮して譲り合ったりすることは避けましょう。

スポンサードリンク

   前のページ【 服装のマナー 】    次のページ【 お焼香の仕方

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  お焼香のマナー >