葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  服装のマナー > 

スポンサードリンク

葬式の服装

男性であれば、ダークスーツが基本です。色は黒でなくても濃紺でもいいと思いますが、必ず上下そろっているものを。ただし、ネクタイは黒にし、はっきり黒ではないとわかる色のスーツであれば、喪章をつけます。

女性なら、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものを。今の若い方、30代、40代の方は、普通にも着られるレガードとかヘチマカラーのスーツを着ている方も見られますが、スカート丈の短いのは気になります。

普段着と併用するにしても、スカート丈は気をつけたいものです。また、ストッキングは薄手のものを。タイツは遊び感覚が禍了て適しません。

葬式の服装

アクセサリーとバッグの考え方

基本的に、アクセサリーははずしますが、つけるなら、真珠で一連のチョーカーをさりげなく。ゴールドは指輪を含めて不適当です。マニキュアは落とします。

バッグは、黒であればいいと思いますが、ショルダーバックは、なるべく避けたいものです。会社帰りの場合など、やむなくショルダーバックで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで平凡で持つなど、持ち方を工夫し、遺族に失礼にならない心遣いをしたいものです。

子供の服装

中学、高校生であれば、制服が無難。幼児はブレザーがあればいいのですが、ない場合は、白のブラウスかシャツに紺のセーター、紺のスカートまたはズボンを着せて、白の靴下をはかせます。

もちろん黒の服があればベストですが、黒でも七五三のような格好は、かえって不自然。フリルのついた服は避け、シンプルにしましょう。

学校の面接や入学式のときの服装と考えれば無難です。

葬式でのアクセサリー★人気ランキング★

1位

国産天然貝核貝パール日本製ネックレス

価格 4,980円 (税込) 送料込

2位

フォーマルバッグ3点セット

価格 6,500円 (税込) 送料別

バック
3位

フォーマルバック5点セット

価格 4,900円 (税込) 送料別

バック
スポンサードリンク

   前のページ【 香典のマナー 】    次のページ【 お焼香のマナー

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  服装のマナー >