葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー > 

スポンサードリンク

香典の目安

お付き合いの程度にもよりますが、自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切です。香典は親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包むようにして、場合によっては控えてもよいでしょう。

香典を出さなくても、真心でお焼香だけさせていただく場合もありますし、告別式には参加しないで、出棺のときだけお見送りすることもできます。

気持ちだけの現金を包んだときは 「気持ちだけお包みしましたので、お返しはご辞退いたします」などのメモを置いて、現金と一緒に入れてはどうでしょうか。この場合、引き出物の引換券は辞退します。

香典はいつ持参するのですか?

死去の知らせを聞いて、とりあえず駆け付けるときは、葬家も取り込んでますから、香典は持参しないほうがよいでしょう。

通夜と告別式の両方に参加する場合は、決まりはありませんが、初めに葬家を訪れた通夜のときに持参するほうが自然でしょう。すでに通夜に持参したときは、告別式に重ねて持参する必要はなく、この場合、告別式では記帳だけします。

受付がない場合は、喪主や遺族、運営責任者などに、お悔やみを述べながら直接渡します。持っていくときは、ふくさに包み、香典袋を係の人に正しく向けて差し出します。

香典袋の表書きは

市販の香典袋は、「御仏前」 「御言前」などの種類があります。香典袋の表書きは、故人の宗旨に合ったものにします。わからないときは「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。

ただし「御霊前」でも、蓮の花模様は仏式に用いるものなので、それ以外は無地を選びます。

表書きの下段中火に自分の姓名を、裏に住所氏名を書き、中袋にも同じように住所氏名を書きます。香典袋は、金額相当のものを選ぶ配慮は必要です。

新しい礼は、あらかじめ用意していたように見えるという理由で使わないとされていますが、あまり汚い紙幣ではかえって失礼になります。新札なら一度折り目をいれてから使う配慮もしたいものです。

香典袋の表書き

連名で持参するときは

親しい仲間や会社の同僚など、連名でお香典を包む場合がありますが、その場合、表に姓名を書くのは3名までにします。それ以上の人数のときは全員の名前を別紙に記入し、中包みの中に入れておきます。

紙幣の枚数は「偶数は避ける」といかれますが、あまりこだわることはないでしょう。ただ4と9は避けたほうが無難です。

郵送するときは

持参するときと同様に、香典袋に入れてから、現金書留の封筒に入れて送ります。その際、香典だけでなく、お悔やみの手紙を書き添えましょう。

香典の包み方

香典の包み方

香典袋の表書き

一般的には、水引きの付いた市販の不祝儀袋を使い、薄墨で表書きをします。

薄墨で書くのは涙で滲んでしまったという表現です。

御霊前は宗教を問わずにお通夜・告別式のどちらでも使えます。

香典袋の表書き

香典の中包み

表には何も書かずに、裏側に金額、郵便番号、住所、名前を書きます。旧字体を用いるのが正式ですが最近では略式(「五千円」など)でも問題ありません。略式で金一万円は旧字体では金壱萬円となります。

香典の中包み
スポンサードリンク

   前のページ【 訃報を聞いたとき 】    次のページ【 服装のマナー

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >  香典のマナー >