葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する > 

スポンサードリンク

訃報を聞いたとき

訃報を聞いたとき

いつ弔問するかはお付き合いの度合いによりますが、近親者の場合、通夜や葬儀の準備を手伝う気持ちで駆け付けましょう。遠隔地に往んでいる近親者は、できるだけ早く駆け付けて、故人と最後の別れをします。遺族は、葬儀の日取りを決める際、親族の到着を考唐しますので、知らせを受けたら折り返し、こちらの到着日時を電話か電報で知らせておくことも必要でしょう。

親しい友人、知人の場合もすぐに駆け付けます。しかし故人とあまり親しくない場合、職場の関係者などは、死去直後の取り込み中は避けて、通夜々葬儀のときに弔問するようにします。

隣近所に不幸があった場合は、目頃それほど親しい付き合いがなくても、弔問にはすぐにうかがいたいもの。ただし取り込みの最中なので長居はせず、玄関先で辞去するようにします。

悲しみのなかにいる遺族に、お悔やみを述べるのは難しいものです。まして日ごろ親しくしていればいるほど、あらたまった挨拶は難しいものですが、上手にいえないからといってごもってしまうのはかえって失礼なものです。

「突然のことで驚きました。お力おとしのことと思います。などと、言葉少なめに簡潔に、要領よく挨拶しましょう。

立場は少なくとも、真心こもった言葉、態度、行動があれば先方に通じます。

すぐに弔問できないときは

仕事や都合ですぐに弔問できないときもあります。その場合は代理の人に弔問してもらうか、とりあえず弔電を打っておきます。

ただ電報はあくまで略式のものですから、後日訪問できるようになったら弔問にうかがうか、お悔やみの手紙を書いて追悼の意を表しましましょう。

通知を受けた本人に連絡がとれない場合も同様で、家族や同僚が代理で出向くか、弔電を打っておきます。

慶事を控えている場合

また弔問したい本人が、出産間近であったり、慶事を控えているような場合、また子供を亡くした遠族と同じ年ごろの子供を連れての弔問は、葬家への思いやりとして遠慮しだほうがよいでしょう。

その場合でも、心のこもった手紙などで勇気づけることはできます。

他の友人への連絡は

遺族は取り込んでいますし、故人と友人のつながりを遺族がよく知らなかったり、連絡先がわからないということもあります。遺族に代わって友人や知人に連絡をしてあげることも必要でしょう。

しかし、どの友人まで知らせるかの判断は難しいもの。それほど付き合いがないのに知らされて、戸惑うこともありますので適切な判断が必要となります。

とりあえず駆け付けるときの服装は

地味なら平服でも失礼になりません。ただしあまり派手な化粧は避け、指輪や装身具の華やかなものははずすくらいの心遣いはしたいものです。

香典の目安

お付き合いの程度にもよりますが、自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切です。香典は親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包むようにして、場合によっては控えてもよいでしょう。

香典を出さなくても、真心でお焼香だけさせていただく場合もありますし、告別式には参加しないで、出棺のときだけお見送りすることもできます。

気持ちだけの現金を包んだときは 「気持ちだけお包みしましたので、お返しはご辞退いたします」などのメモを置いて、現金と一緒に入れてはどうでしょうか。この場合、引き出物の引換券は辞退します。

香典はいつ持参するのですか?

死去の知らせを聞いて、とりあえず駆け付けるときは、葬家も取り込んでますから、香典は持参しないほうがよいでしょう。

通夜と告別式の両方に参加する場合は、決まりはありませんが、初めに葬家を訪れた通夜のときに持参するほうが自然でしょう。すでに通夜に持参したときは、告別式に重ねて持参する必要はなく、この場合、告別式では記帳だけします。

受付がない場合は、喪主や遺族、運営責任者などに、お悔やみを述べながら直接渡します。持っていくときは、ふくさに包み、香典袋を係の人に正しく向けて差し出します。

香典袋の表書きは

市販の香典袋は、「御仏前」 「御言前」などの種類があります。香典袋の表書きは、故人の宗旨に合ったものにします。わからないときは「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。

ただし「御霊前」でも、蓮の花模様は仏式に用いるものなので、それ以外は無地を選びます。

表書きの下段中火に自分の姓名を、裏に住所氏名を書き、中袋にも同じように住所氏名を書きます。香典袋は、金額相当のものを選ぶ配慮は必要です。

新しい礼は、あらかじめ用意していたように見えるという理由で使わないとされていますが、あまり汚い紙幣ではかえって失礼になります。新札なら一度折り目をいれてから使う配慮もしたいものです。

香典袋の表書き

連名で持参するときは

親しい仲間や会社の同僚など、連名でお香典を包む場合がありますが、その場合、表に姓名を書くのは3名までにします。それ以上の人数のときは全員の名前を別紙に記入し、中包みの中に入れておきます。

紙幣の枚数は「偶数は避ける」といかれますが、あまりこだわることはないでしょう。ただ4と9は避けたほうが無難です。

郵送するときは

持参するときと同様に、香典袋に入れてから、現金書留の封筒に入れて送ります。その際、香典だけでなく、お悔やみの手紙を書き添えましょう。

葬式の服装

男性であれば、ダークスーツが基本です。色は黒でなくても濃紺でもいいと思いますが、必ず上下そろっているものを。ただし、ネクタイは黒にし、はっきり黒ではないとわかる色のスーツであれば、喪章をつけます。

女性なら、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものを。今の若い方、30代、40代の方は、普通にも着られるレガードとかヘチマカラーのスーツを着ている方も見られますが、スカート丈の短いのは気になります。

普段着と併用するにしても、スカート丈は気をつけたいものです。また、ストッキングは薄手のものを。タイツは遊び感覚が禍了て適しません。

葬式の服装

アクセサリーとバッグの考え方

基本的に、アクセサリーははずしますが、つけるなら、真珠で一連のチョーカーをさりげなく。ゴールドは指輪を含めて不適当です。マニキュアは落とします。

バッグは、黒であればいいと思いますが、ショルダーバックは、なるべく避けたいものです。会社帰りの場合など、やむなくショルダーバックで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで平凡で持つなど、持ち方を工夫し、遺族に失礼にならない心遣いをしたいものです。

子供の服装

中学、高校生であれば、制服が無難。幼児はブレザーがあればいいのですが、ない場合は、白のブラウスかシャツに紺のセーター、紺のスカートまたはズボンを着せて、白の靴下をはかせます。

もちろん黒の服があればベストですが、黒でも七五三のような格好は、かえって不自然。フリルのついた服は避け、シンプルにしましょう。

学校の面接や入学式のときの服装と考えれば無難です。

お焼香

普通、焼香は3回繰り返しますが、会葬者が多いときは1回だけでもかまいません。焼香も、故人の冥福を祈る気持ちが大切なわけですから、とくに回数の決まりはありません。

また通夜に弔問するときは、線香をあげますが、線香は1本手にとり、ろうそくの火を線香に移したら、片手であおいで火を消して立てます。線香を2本たくときは、香炉に1本ずつ離して立てますが、宗旨によっては、線香を寝かせる場合もあります。

回し焼香

式場や時間の関係で、回し焼香が行われるときがあります。自分の前に香炉が回ってきたら、香炉を盆ごと両手で受け取って、膝の前に置いて焼香をします。もし膝の前が狭い場合は、膝にのせて焼香をします。「お先に」と、次の人に小さな声で挨拶したほうがいいでしょう。

葬儀の席次の決まり

葬儀では、遺族が弔問客の出迎え見送りはしないのがしきたりです。

席に厳格な決まりはありませんが、祭壇に向かって右側に親族、左側に弔問客が座ることが多いようです。席が決まらず混乱しますと、遺族に心配をかけますので、遠慮して譲り合ったりすることは避けましょう。

葬式でのアクセサリー★人気ランキング★

1位

国産天然貝核貝パール日本製ネックレス

価格 4,980円 (税込) 送料込

2位

フォーマルバッグ3点セット

価格 6,500円 (税込) 送料別

バック
3位

フォーマルバック5点セット

価格 4,900円 (税込) 送料別

バック

香典の包み方

香典の包み方

お焼香の仕方

お焼香の仕方

①香炉の手前へ進み遺影に一礼する。

お焼香の仕方

②親指人差し指中指で抹香をつまむ。

お焼香の仕方

③抹香を香炉にくべる。焼香の回数は宗派により異なり1~3回。

お焼香の仕方

④合掌する。一歩下がって遺族に一礼し、席に戻る。

香典袋の表書き

一般的には、水引きの付いた市販の不祝儀袋を使い、薄墨で表書きをします。

薄墨で書くのは涙で滲んでしまったという表現です。

御霊前は宗教を問わずにお通夜・告別式のどちらでも使えます。

香典袋の表書き

香典の中包み

表には何も書かずに、裏側に金額、郵便番号、住所、名前を書きます。旧字体を用いるのが正式ですが最近では略式(「五千円」など)でも問題ありません。略式で金一万円は旧字体では金壱萬円となります。

香典の中包み
スポンサードリンク

   次のページ【 弔問のマナー

葬儀・葬式のマナーTOP >  葬儀に参列する >